2017年 3月 の投稿一覧

東京大学教養学部で語られたインターネット時代の”教養の本質”

みなさんこんにちは。

天気がよくなるにつれてイカれた連中(花粉)たちも元気になってきたようでして、最近は花粉症も頭痛に発展して参りました。
どうも火曜日です。
点鼻薬が効きすぎて怖い。そんな21世紀、3月。
自分は働き始めてからはやくも5年が経とうとしており、地元ですでに親になってたりするメンツと比べると、まだまだわりとガキみたいなテンションで生きている。

まだまだ自分のことで精いっぱいだし、自分の将来みたいなものに投資もしたい。仕事も楽しいし外で食べるご飯もお酒も美味しい。

ガキみたいだとはいえ、でもそれは学生であることでもない。

そう気づいたのは、周りが卒業式シーズンだったことに今さらになって気が付いたから。

ご卒業しましたみなさん、おめでとうございます。

 

 

自分は結構情報オタクで、割とびっくりされる量と頻度で情報と触れまくりんぐしており、ニュースや話題には敏感なほうだとおもっております。

ただまぁニュース、それもネットのテキストコンテンツなんてほとんどが一過性のものですし、信憑性も微妙なとこですし、触れる9割くらいは一度しか観なかったりするわけですが、残りの1割については「二度見たい」、いわゆる名文だったりするんですね。

この名文、入社式のあいさつよりも、実は大学の卒業式の方が示唆に富む内容が多かったりして、毎年楽しみにウォッチしておるわけです。
というわけで、今年は東京大学の卒業式から、割と昨今の時事ネタなんかも入れつつ最高に素晴らしいことを言っていたのでご紹介したい次第。

 

卒業生だけでなく、現役の学生にも、現役の社会人にも読んでほしい。

 

続きを読む

旅と未来、囚人たちとプログラミング、箱庭での生き方、いいなと思ったいくつかの話

おつかれさまです。もう水曜日、まだ水曜日。

3月ももう半ばだなんて。2017年の4分の1がもう終わろうとしてる。

なんというか、年を取ると時の流れが速まるというのはホントなんだなあ、と思う次第。(いろんなところに敵が増える音がした)

 

そんなこんなで、いい話ってあるじゃないですか。いい話。

好きなんですよね、いい話。

いい話は、いいぞ。

 

公私ともにインターネットに入り浸りな生活をしているわけですけれども、今週目にしたちょっといい話を紹介しようと思ってる。

暇なのでね。

続きを読む

Facebookが中立を辞める日。プラットフォームはその次に何を目指すのか。

える しってるか 1 しゅうかん とうこうをしないと
アクセスが 減る。

どうもおつかれさまです。月曜日ですね。そりゃそうだわ。
そうなんです。それ以上でもそれ以下でもなく、いつも見てくださる方々に圧倒的カンシャァしつつ、ただマイペースは崩しません。
というわけで、以前もこのブログでプラットフォーマーの中立性みたいなものを何度か取り上げたように記憶してるんだけども、facebookがどうやら動くかもしれないという話を読んだのでその関連のエントリーとします。

【メディア】Facebookとナパームの少女。‐プラットフォームはオピニオンルールを求められる‐

続きを読む

アトリビューションかラストクリックか、2017年の投資妥当性について

負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じぬくこと、ダメになりそうなとき、は、だいたい全部ダメ~。

 

どうもおつかれさまです。げつようびですね。

Nintendo switchほしい。

 

 

その広告、ちゃんと効果測れてますか?広告費を半分にしたfreeeのアトリビューション分析事例

 

という記事を読みまして、思ったことがあるので(まったく広告の担当じゃないけど)簡単にアトリビューションモデルの活用について思ってることを忘備録的にまとめます。

続きを読む

【組織論】成果主義の限界について考えなければならない

 

ついに2月が終わりました、つまり3月が始まりましたね。

#あたりまえポエム

 

おつかれさまです。

いよいよ3月、出会いと別れと異動と査定の季節ですかね。人事よ、遠き人事。まぶた閉じればそこに。

 

そんなこんなでそれなりに頑張ったり適当に(いい意味で)やってるわけですが、個人的に今のポジションについて「成果主義の限界について」を考えねばならないな、と少し悩んでいるわけです。

続きを読む