インターネット考

【なんでもない人生論】「あれから6年」から、さらに6年が経った。ソーシャルメディアで人生を拡張する話。

ブンブン、はろーインターネット。

どうも私です。思ったより具無沙汰してますね。ええ、ごぶさたです。

 

今日、仕事の息抜きに自分のTumblrを掘り起こしていたわけです。Tumblr、あるじゃないですか。

TwitterやFacebookと歳を近くして生まれ、Yahooに買収されたあのメディアミックスブログサービス(強そう)ですね。

自分はこの「どうやってもいい」とか、「他人がどうやってもいい結果に生み出したものが流れてくる」という自由度がすごく好きで未だに時々眺めてたりするんですが、今日はこんなPostを見つけたわけです。

 

あれから6年が経った。

 

AKBはこの6年で、たった8人の観客からCD初動売り上げ歴代1位になった。長友はスタンドで太鼓叩いていたのが、今はインテルでスタメン、世界最高のサイドバックと型を並べている。たかが6年、されど6年ですな、と入社6年目にしてふと思ってみた。

Twitter / Yuri Tahara (via otsune)

そうなんだよねえ。と思ったのも、自分がいま社会人6年目なわけでして、6年生。

続きを読む

東京大学教養学部で語られたインターネット時代の”教養の本質”

みなさんこんにちは。

天気がよくなるにつれてイカれた連中(花粉)たちも元気になってきたようでして、最近は花粉症も頭痛に発展して参りました。
どうも火曜日です。
点鼻薬が効きすぎて怖い。そんな21世紀、3月。
自分は働き始めてからはやくも5年が経とうとしており、地元ですでに親になってたりするメンツと比べると、まだまだわりとガキみたいなテンションで生きている。

まだまだ自分のことで精いっぱいだし、自分の将来みたいなものに投資もしたい。仕事も楽しいし外で食べるご飯もお酒も美味しい。

ガキみたいだとはいえ、でもそれは学生であることでもない。

そう気づいたのは、周りが卒業式シーズンだったことに今さらになって気が付いたから。

ご卒業しましたみなさん、おめでとうございます。

 

 

自分は結構情報オタクで、割とびっくりされる量と頻度で情報と触れまくりんぐしており、ニュースや話題には敏感なほうだとおもっております。

ただまぁニュース、それもネットのテキストコンテンツなんてほとんどが一過性のものですし、信憑性も微妙なとこですし、触れる9割くらいは一度しか観なかったりするわけですが、残りの1割については「二度見たい」、いわゆる名文だったりするんですね。

この名文、入社式のあいさつよりも、実は大学の卒業式の方が示唆に富む内容が多かったりして、毎年楽しみにウォッチしておるわけです。
というわけで、今年は東京大学の卒業式から、割と昨今の時事ネタなんかも入れつつ最高に素晴らしいことを言っていたのでご紹介したい次第。

 

卒業生だけでなく、現役の学生にも、現役の社会人にも読んでほしい。

 

続きを読む

旅と未来、囚人たちとプログラミング、箱庭での生き方、いいなと思ったいくつかの話

おつかれさまです。もう水曜日、まだ水曜日。

3月ももう半ばだなんて。2017年の4分の1がもう終わろうとしてる。

なんというか、年を取ると時の流れが速まるというのはホントなんだなあ、と思う次第。(いろんなところに敵が増える音がした)

 

そんなこんなで、いい話ってあるじゃないですか。いい話。

好きなんですよね、いい話。

いい話は、いいぞ。

 

公私ともにインターネットに入り浸りな生活をしているわけですけれども、今週目にしたちょっといい話を紹介しようと思ってる。

暇なのでね。

続きを読む

Facebookが中立を辞める日。プラットフォームはその次に何を目指すのか。

える しってるか 1 しゅうかん とうこうをしないと
アクセスが 減る。

どうもおつかれさまです。月曜日ですね。そりゃそうだわ。
そうなんです。それ以上でもそれ以下でもなく、いつも見てくださる方々に圧倒的カンシャァしつつ、ただマイペースは崩しません。
というわけで、以前もこのブログでプラットフォーマーの中立性みたいなものを何度か取り上げたように記憶してるんだけども、facebookがどうやら動くかもしれないという話を読んだのでその関連のエントリーとします。

【メディア】Facebookとナパームの少女。‐プラットフォームはオピニオンルールを求められる‐

続きを読む

【事業分析】ニコニコ動画とAbemaTV。広がれ、ネット番組プラットフォームの差異

カドカワは2月9日に発表した2016年10~12月期連結決算で、動画サービス「niconico」の有料会員「プレミアム会員」(月額500円・税別)が初めて減少したと明らかにした。
12月末時点で252万人と、9月末比で4万人減った。

とのこと、該当の決算資料

 

有料会員の減少自体は売り上げや利益に直接ヒットするのでつらいところ。

概算で500円×40,000人=20,000,000円が毎月なくなる計算。会社規模としてはんー、だけども、成長鈍化ではなくマイナスであり、ボディブローのように効いてきそう。

 

思ったことがあるのでちょっとメモ程度にかいておく。

続きを読む

【業界ニュースまとめ】フェイクニュースと次世代メディア、ネットの生んだ光と闇。

例外を見る代わりに、
ルールを見よう。
事件を見る代わりに、
構造を見よう。
今日を見る代わりに、
毎日を見よう。

 

ここ最近触れた日本語のなかで最も好きなフレーズ。

本当に確からしいこと、信じるべきものを見つけるというのはとても大変。

それがどこにあるかわからないから、ではなくて「それらしいことがあふれかえってる」からむずかしい。

 

アドラー派哲学に代表される嫌われる勇気だとか、空気をブチ壊せるタレントが求められているとか、そういう人たちが周りからみて素敵だし頼りになると思われるのは、信じる何か(大抵は自分の価値観や思想)をしっかりと持てているからだろう。

ブレないし、巻き込まれないし、非生産的なことで疲弊もしない、そういう強いスタンスが求められるほどには、現代は情報や意見が飛び交っていて、毎日人々を揺さぶり続ける。

続きを読む

【週明けニュースまとめ_12月27日】病は恥だし役にも立たねえ

病に臥してたらクリスマスが明けてました。

まだ年が明けてなかっただけ良いですね。どうもご無沙汰です。

完全に病み上がりなのでとりあえず復帰後に流し読みしたあれこれをまとめますね。

 

 

引きこもる20代、休日の外出回数が70代を下回る…国交省調べ

 

移動回数が減少している要因としては、高齢者の人口が増えたことに加え、若者の移動回数も減少していることが考えられる。特に20代の移動回数(休日)は1.43回と減少しており、70代の移動回数1.60回を下回った

続きを読む

【Google】検索で振り返る2016年、他の年も振り返ってみよう

もーいーくつ寝ーるとー

2016年の最終営業日、ですね。

 

どうもおつかれさまです。

 

年末あるあるですが、検索エンジン大手のGoogleが、2016年を検索で振り返る、として2016年の検索ランキングを発表しました。

 

検索で振り返る 2016 年

 

国内版はこちら。

急上昇ランキング
1) ポケモン go
2) オリンピック
3) smap
4) トランプ
5) 熊本地震
6) 君の名は
7) シンゴジラ
8) ピコ太郎
9) 台風10号
10) iphone7
話題のニュース
1) ポケモン go
2) オリンピック
3) 熊本地震
4) 君の名は。
5) シンゴジラ
6) 台風10号
7) アメリカ大統領選
8) 都知事選
9) パナマ文書
10) eu 離脱

 

グローバルではこちら。

続きを読む

衝撃的人事、DMMの社長に愛とPixivの片桐さんが内定

発表をきいたときにはたいそう驚きました。

どうもおつかれさまです。華金ですね。

DMM社長に34歳外部人材が選ばれた全事情

 

この記事のインタビューにもある通り、「受ける方も任せる方もすんごく思い切った人事」だったと思います。

その胸の内はこんな感じだそうで。

 

エンジニアが主役の会社にすべきだと思ったが、自分は「インターネットの人」ではなく「ただの商売人」であり、自分がトップに立っているうちは、DMMは本物のテクノロジー企業にはなれないと悟った。

 

ピクシブには社員が120人います。機動力があり、気の合う仲間が集まっていて、会社は成長しており、おカネにも困っていない。創業者である自分にとって、抜群に居心地のいい場所であり「ここを離れよう」とはまったく思わなかった。

ただ何度も誘われているうちに、最初に起業した時の気持ちを思い出したんです。当時、働いていたウェブ制作会社の居心地は良かった。しかし高校生の時から東京で起業したいという気持ちが強く、このまま居心地の良い環境にいるのではなく、ジェットコースターみたいな人生を送ろうということを決心して会社を立ち上げた。

そのことを思い出し、今このまま快適なピクシブに残っていていいのか、と真剣に考えるようになった。

 

商売人としての亀山さんと、インターネット企業の社長、これらが交差して新体制が生まれたとのこと。

 

Pixivは個人的にも好きな企業でして、一番印象的だったのはやっぱりPixiv Massive Ema Collection でしょうか。会員数1,000万人突破を記念して造られたものです。

続きを読む

一連のDeNA騒動でかなしいと思ったこと

大学を5年前に卒業して、初めてかもしれないんだけど仕事やビジネスにおいて感情的に許せない(というか残念)という気持ちになったので、ずっと忘れないようにここに書いておく。

 

どうもおつかれさまです。

あつくるしい話をします。

 

「ねえ、MERYもうすぐ見れなくなっちゃうの?」っていうメッセとかがくるんですよ、なにこれ全然MERYの中の人じゃないのに普通につらい。

やっぱりキュレーションメディアの件。もうDeNAとかWelqとか、MERYとか書かなくてもいいくらい、いろんな領域・会社に対象のメディアは複数ある。知ってる。もう結構暴かれてるので、あえてここでやり玉にあげようとは思わないけど。

あとたぶんD社に限らず、再開はすると思ってる。記事削除でもないし、ドメイン削除でないし、Noindexですらなく、ページ内から記事を消してTOPページへリダイレクトしただけで「site:」でGoogleへのインデックス状況を確認してもそういえる。

Find travelもまだ100,000件くらいは残ってるみたい。(2016年12月6日現在)

例 site:http://find-travel.jp/

 

だから復活はすると思う。いろいろ思うところはあるけど、率直に思ってることを書く。

続きを読む

【メディア】続きは三重で?今週見つけた愛すべきメディアを紹介するよ

もしも願いが、叶うなら。コイツ(仕事)を白い、薔薇に変えて。

 

Darling I 御中、筆者です。

 

おつかれさまです。(おつかれさまです。)

世の中広く、ネットの世界はより広く、叩かれるメディアもあれば、愛すべきメディアもあると思うんです。

昨今、渋谷で生まれたココロとカラダの教科書がいろんなところからいろんな指摘を受けていますが、インターネットはもっとあったかいところだと信じています。

というわけで、今回は”応援したいメディア”を紹介してみたい所存。

 

続きを読む

「2回目の検索をしなければ安心できない私たち」を生んでしまった私たちの懺悔を聞いてくれ。

風邪をひきました。これにより僕がバカでないことが証明されましたね。

「ねえねえ嬉しい?馬鹿じゃない部下嬉しい?」って上司に聞いたら「体調管理をちゃんとして帰って寝てろバカタレ。」と言われました。

上司は寝てろと言いますが、仕事が寝かせてくれません。

どうも、風邪をひくタイプの馬鹿こと高橋です。

 

肉を喰わせて育てた後輩(謎)のりょかちちゃん(https://twitter.com/ryokachii  )が頑張って記事書いてました。

2回目の検索をしなければ安心できない私たち

 

おっきくなったのう。

 

育てた、とか偉そうに言ってますが、こいつはほんとにいわゆる「ミレニアル世代」で、スマホの弄り方とかTwitter/Instagramのふるまい方が何から何までおっさん(28歳独身)の自分とは違って超勉強になるのであります。いつもありがとう。

飲み会でいきなりInstagramのStory機能を使い始めたときはホントに戦慄しました。「こ、これが21世紀…ッ」

 

そして対検索マーケティングを担当としている自分として、この文章は特に思うところがあるので、出社したばっかりだけど思ったことを書く。(会議一個やってめし食べた。)

続きを読む

コンテンツマーケティングとかSEOとか言ってないで愛でメディアを語ろうぜ。

いつ~の日もこの~胸に~流れ~てるメロディ~

眠たくて帰りたくて~心が叫ぶよ~

 

Mr.おつかれさまです。高橋です。

 

会社でやってるブログの方に独り言を書いたら、以下のご意見を頂戴しまして、大変ありがたい。

 

>コンテンツマーケティングで朱オブするネットメディアって、そもそもPVとかCVsとか滞在時間とかじゃなくて、コミュニティを指標にするべきなんじゃねえか、と思った次第。

っていうのはどういうことなんでしょう?

 

 

というわけで、もう少し踏み込んで書いてみます。

続きを読む

MacBookProにTouchBarが搭載。その世界観は、6年越しのジョブズへの回答になる?

I have a pen~ I have an apple~

Owh!!!!!!

 

あたらしいMacbookpro欲しい。

おつかれさまです。高橋です。

 

 

ついに来ましたね、MBP(Macbook pro)のメジャーアップデート。現行のAirより薄く小さくなるとかどういうことですのん。すごいですねえ。

頃合いもドンピシャなので買い替え決定なわけですが、本機体から搭載されたTouch Barに既視感あるなあと思ったら、Lenovo社が開発したアダプティブキーボードだったですね。

 

キーボードといえば……忘れてはいけませんね。特に大きく変わったタッチセンサーキー「Adaptiveキーボード」をはじめて採用しました。

ハードウェアキーとしてのファンクションキーの代わりにタッチセンサーキーを配置し、ホームモード/Webブラウザモード/Web会議モード/レイフラットモード/ファンクションモードなど、使用するソフトウェアやディスプレイ開度の状態に応じて動的に機能が切り替わる──というものですね。こちらはどのような経緯で生まれたのでしょうか。

 

「新しいThinkPad X1 Carbon」開発チームに聞く、“あのキーボード”に込めた意図 

 

これ、結論から言ってしまうと、当時は革新的だー!!!ってなったものの、実用レベルまで受け入れられるということはなかった、という状況です。

続きを読む