マーケティング

デジタルマーケティング最大の悩みをついにプラットフォーマーが提供し始めたけど、どうする?

FacebookとGoogleがそれぞれ発表したアトリビューションの測定ソリューション。
(文章がションションしてしまってなんか恥ずかしい。)

◆アトリビューションがなやましい。

目下、これが広告主のデジタルマーケティング担当者を悩ませているんだろうなあと思うのは想像に難くないっていうか現在進行形で悩ましい。

アトリビューションに関する姿勢自体は、以下の記事でも書かせてもらっておるとおり、「結局全てのユーザー接点をインポートして処理できないと、(真の意味で機能するアトリビューションは)難しい」というもの。
この姿勢自体は全然変わらず、ぶっちゃけデジタルの範囲外(TVや交通広告、DM)なんかも捕捉しないと適切なコストの投資配分は出てこない。

また、間接投資効果の活用の課題もう1点として、「そもそも採用されるアトリビューションモデルが正しいのか」問題もある

続きを読む

【新卒論】”入社2日目で“ばっくれ”退職した新社会人(22歳)の言い分”を読んで

ちなみに言い分としては「初日でこの会社はないなと見切りはつけてた」とのこと。

 

そろそろ初夏と言ってもいいんじゃないでしょうか。どうもおつかれさまです。木曜日ですね。

 

4月、この春から新社会人として後輩たちが頑張っていたり、就職活動の相談を受けてても「面接」みたいな単語が増えてきている今日この頃。

昨日のニュース流し読みの中でちょっとひっかかった、こちらの記事を掘り下げたいと思っております。

 

「逃げるは恥だが役に立つ」し、「我慢は美徳だが得をしない」

続きを読む

【今週のマーケティング名文】トレンドとマーケティングと天才

マーケティングやビジネスデベロップメント、広告業務の従事者であれば肝に銘じたい、素晴らしいフレーズ。

毎朝声に出して読もうぜ。

 

一番良いのはトレンドを作ること。

二番目に良いのはトレンドを予測すること。

三番目に良いのはトレンドを無視すること。

最悪なのはトレンドを追うこと。

 from 研究とトレンド
 

天才物理学者は、一見非線型な現象の中に線型性を見出す。線型ならば、誰でも理解できるからである。

天才経営者は、世の中の不合理な仕組みを合理的にする。合理的な仕組みならば、誰でも欲しいからである。

天才編集者は、脈絡のなさそうなテキストの間に共有されるコンテキストを見つけ出し、単純なキャッチフレーズをつける。単純であれば、誰でも共感できるからである。

 

from 天才

 

こういう名文が転がってるからTumblrはやめられないぜ!

 

なんつって。

 

アトリビューションかラストクリックか、2017年の投資妥当性について

負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じぬくこと、ダメになりそうなとき、は、だいたい全部ダメ~。

 

どうもおつかれさまです。げつようびですね。

Nintendo switchほしい。

 

 

その広告、ちゃんと効果測れてますか?広告費を半分にしたfreeeのアトリビューション分析事例

 

という記事を読みまして、思ったことがあるので(まったく広告の担当じゃないけど)簡単にアトリビューションモデルの活用について思ってることを忘備録的にまとめます。

続きを読む

【週明けニュースまとめ_12月27日】病は恥だし役にも立たねえ

病に臥してたらクリスマスが明けてました。

まだ年が明けてなかっただけ良いですね。どうもご無沙汰です。

完全に病み上がりなのでとりあえず復帰後に流し読みしたあれこれをまとめますね。

 

 

引きこもる20代、休日の外出回数が70代を下回る…国交省調べ

 

移動回数が減少している要因としては、高齢者の人口が増えたことに加え、若者の移動回数も減少していることが考えられる。特に20代の移動回数(休日)は1.43回と減少しており、70代の移動回数1.60回を下回った

続きを読む

カーシェアリング市場から見る、マーケットで一人勝ちするための戦略

どこまーでも、どこまーでも、はてしーなーいー業務~

生きているかーぎーりー、仕事、オワラナイ~。

 

夢から覚めないタイプのおじさん、おつかれさまです。高橋です。

カーシェアリング市場で一人勝ちしてるタイムズさんから学ぶことが多いようです。

あんまり車産業には詳しくないのだけど、基本的なビジネス原理は一緒なので、勝てるプロダクトやサービスは勝つべくして勝てるし、それらから学べることもとても多い。

 

プロダクト哲学とか、実現したい理想の共有とか、カスタマーや社会に対してあるべき姿、みたいなものが欠けると、どんなに集客投資やA/BテストだのCVR改善を頑張ったところで結局”ギョーカイの部品”と化す。これはユーザー側の選択の自由と多様化が進んだ21世紀において致し方のないこと。

日々、正しいことに貪欲に精進するしかない。と思ったので備忘録としてまとめます。

続きを読む

「2回目の検索をしなければ安心できない私たち」を生んでしまった私たちの懺悔を聞いてくれ。

風邪をひきました。これにより僕がバカでないことが証明されましたね。

「ねえねえ嬉しい?馬鹿じゃない部下嬉しい?」って上司に聞いたら「体調管理をちゃんとして帰って寝てろバカタレ。」と言われました。

上司は寝てろと言いますが、仕事が寝かせてくれません。

どうも、風邪をひくタイプの馬鹿こと高橋です。

 

肉を喰わせて育てた後輩(謎)のりょかちちゃん(https://twitter.com/ryokachii  )が頑張って記事書いてました。

2回目の検索をしなければ安心できない私たち

 

おっきくなったのう。

 

育てた、とか偉そうに言ってますが、こいつはほんとにいわゆる「ミレニアル世代」で、スマホの弄り方とかTwitter/Instagramのふるまい方が何から何までおっさん(28歳独身)の自分とは違って超勉強になるのであります。いつもありがとう。

飲み会でいきなりInstagramのStory機能を使い始めたときはホントに戦慄しました。「こ、これが21世紀…ッ」

 

そして対検索マーケティングを担当としている自分として、この文章は特に思うところがあるので、出社したばっかりだけど思ったことを書く。(会議一個やってめし食べた。)

続きを読む

【仕事論】存在と認識~ミスコンのことは忘れても、可愛い女子大生のことは忘れないでください!~

 

おつかれさまです。

 

慶応のミスコンがなくなるらしい。未成年とお酒でいけないことがあったそうだ。
いや、未成年はお酒がダメなんですけど、そもそも。
でも忘れないで欲しい。

慶応義塾大学のミスキャンパスコンテストがなくなったとしても、

そこに「ミスキャン級のかわいい女子大生」がいなくなったわけではないということを。

 

というのをちょっと「存在と認識と観測」という視点で書いてみようと思っております。ええ、仕事っぽいお話ですね。
なのでたぶんモテない。

続きを読む

【買収】Salesforceが米国大手DMPベンダーのkruxを買収

helloインターネット。

こんにちわ。高橋です。

 

SalesforceさんがDMP大手のKruxを買収とのことで。

700万ドルっていうと700~900億円くらいでしょうか、なかなかですね。

Salesforce To Buy Krux For $700M, Closing Ad Tech Gap With Rival Marketing Clouds

 

Kruxというと、けっこうメディア/事業会社に大してすんごく真っ当な分析機能とCRMツールとしての機能を提供していたイメージがつよいです。一方で、コスト感もなかなか大きく、中小系の企業に対しては導入が難しかったという印象もあります。

続きを読む

iPhone7の発表から見えたAppleのいま。

出ましたね、AppleのiPhone7,そして7Plus。

いかがでしょう、リンゴがスイカでイヤホンがマリオ。

 

基本的にはSuica対応だったりイヤホンジャックがなくなったり防水強度の向上といったところがインパクトのあるアップデートな印象です。

機能やその所感についてはいろんなメディアがきれーにまとめておるので、そちらをご参考くださいまし。

リアルでもお世話になってたGori.meさんとか。っていうかサイトきれいだな・・・。

 

さて、個人的に気になるのはプロダクトの品質、というよりやっぱりApple社のマーケティングについてです。

 

続きを読む