投資

いま流行っているVALUや仮想通貨界隈を見て思うこと。

ブンブン、はろーいんたーねっと。

 

どうも私です。

表題の件について思うことがあったので書いてみる。

最近盛り上がってますね。
そしてよく聞かれます。
「仮想通貨ってどうなん?」と。

 

「手を出すべきじゃないと思うよ」と大体返しております。
もうちょっと正確に表現すると「(そんなレベルの理解度や質問しちゃうくらいなら、変にやけどしないために)手を出すべきじゃないと思うよ」です。
不器用なので優しさが変。

 

いや、流行るのはいいんですよね。夢があるし、実際に利益を上げている人もいる。
社会経済的な仕組みとしてはめちゃくちゃ面白い。(個人的には好きな部類)

ただまぁ自己責任だし、自分を含めたいわゆる素人レベルの頑張りでは、この二つのゲームには(いまこの状況下において)乗るべきでないだろうなあと思っております。

 

ぶっちゃけ通貨に対する投資も、個人に対するそれも、利ざや確保が利益の源泉であり、一番おいしいのは「仕入れ値が最大に安い」段階であるのは間違いなく。
いまにおいては「もうその段階は終わっちゃった」なのかなーと思っている。
VALUとかで言えば新規かつ優良な銘柄(個人)の発掘のフェーズが断続的に続くのでいいのかもしれんけれども。

とはいうものの、あれもいったい何がレバーになって市場が動くのかもよくわかんないし、中長期的な運用には向いてない感がすごい。
ソーシャルやリアルで影響力のある人たちの価値が高いのは理解できるんだけど、そんなもんみんなそうだし、情報が仕組み的な競争優位にならないので、売り買いが労働集約型になっちゃう。
じゃあお金ほしいだけだったら別に本業をそれなりに頑張ればよくね?と思ったり。

続きを読む

デジタルマーケティング最大の悩みをついにプラットフォーマーが提供し始めたけど、どうする?

FacebookとGoogleがそれぞれ発表したアトリビューションの測定ソリューション。
(文章がションションしてしまってなんか恥ずかしい。)

◆アトリビューションがなやましい。

目下、これが広告主のデジタルマーケティング担当者を悩ませているんだろうなあと思うのは想像に難くないっていうか現在進行形で悩ましい。

アトリビューションに関する姿勢自体は、以下の記事でも書かせてもらっておるとおり、「結局全てのユーザー接点をインポートして処理できないと、(真の意味で機能するアトリビューションは)難しい」というもの。
この姿勢自体は全然変わらず、ぶっちゃけデジタルの範囲外(TVや交通広告、DM)なんかも捕捉しないと適切なコストの投資配分は出てこない。

また、間接投資効果の活用の課題もう1点として、「そもそも採用されるアトリビューションモデルが正しいのか」問題もある

続きを読む

アトリビューションかラストクリックか、2017年の投資妥当性について

負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じぬくこと、ダメになりそうなとき、は、だいたい全部ダメ~。

 

どうもおつかれさまです。げつようびですね。

Nintendo switchほしい。

 

 

その広告、ちゃんと効果測れてますか?広告費を半分にしたfreeeのアトリビューション分析事例

 

という記事を読みまして、思ったことがあるので(まったく広告の担当じゃないけど)簡単にアトリビューションモデルの活用について思ってることを忘備録的にまとめます。

続きを読む