業務効率化

【組織論】成果主義の限界について考えなければならない

 

ついに2月が終わりました、つまり3月が始まりましたね。

#あたりまえポエム

 

おつかれさまです。

いよいよ3月、出会いと別れと異動と査定の季節ですかね。人事よ、遠き人事。まぶた閉じればそこに。

 

そんなこんなでそれなりに頑張ったり適当に(いい意味で)やってるわけですが、個人的に今のポジションについて「成果主義の限界について」を考えねばならないな、と少し悩んでいるわけです。

続きを読む

【仕事論】脳みその使い方にどのように優先度をつけるか、という話

雨は夜更けすぎに雪へとかわるし、その調子でこのバグも仕様に変わらねえかな。

どうもおつかれさまです。高橋です。

雪ですね!!!さむい!!(小並感)

 

今日は新卒からよく聞かれるシリーズ第1弾。

「タスクを複数持つと思考停止するんですけど!」に対して、「脳みそを使う順番をこうやって決めたらイインジャナイ?」の話です。

続きを読む

【仕事観】捨てることによって増やすというのが超クール

倒産危機にあった老舗旅館を ITで立ち直らせた! 『陣屋』社長・宮﨑富夫が語る 旅館の未来とは? 1/2前編

 

とくに目新しいものはなし。というか、老舗の旅館ほどそういうのは遅れているよね、という。

 

宮﨑 それを変えなきゃいけないので、まず、生産性を上げるために“3日休む”ことにしたんです。

堀江 休館日を設ける。

宮﨑 そうです。月・火・水の3日間、宿泊を取らないようにしたんです。これは旅館では結構、珍しいことなんですよ。

堀江 ほー。

宮﨑 土日の忙しい時にスタッフを集中させたかったんです。それに、もともと月・火・水って、そんなに稼働率が上がらないですし、平日のお客様は木曜日とか金曜日に移動してもらえることが多いので、売り上げがそれほど下がらなかったんです。

 

この辺の話は面白い。広告にしろ仕事にしろ何にしろ、”やめること”をもってして効率や生産性が向上する最適化にはもう少し目を向けられてもいいと思う。
続きを読む