MERY

東京大学教養学部で語られたインターネット時代の”教養の本質”

みなさんこんにちは。

天気がよくなるにつれてイカれた連中(花粉)たちも元気になってきたようでして、最近は花粉症も頭痛に発展して参りました。
どうも火曜日です。
点鼻薬が効きすぎて怖い。そんな21世紀、3月。
自分は働き始めてからはやくも5年が経とうとしており、地元ですでに親になってたりするメンツと比べると、まだまだわりとガキみたいなテンションで生きている。

まだまだ自分のことで精いっぱいだし、自分の将来みたいなものに投資もしたい。仕事も楽しいし外で食べるご飯もお酒も美味しい。

ガキみたいだとはいえ、でもそれは学生であることでもない。

そう気づいたのは、周りが卒業式シーズンだったことに今さらになって気が付いたから。

ご卒業しましたみなさん、おめでとうございます。

 

 

自分は結構情報オタクで、割とびっくりされる量と頻度で情報と触れまくりんぐしており、ニュースや話題には敏感なほうだとおもっております。

ただまぁニュース、それもネットのテキストコンテンツなんてほとんどが一過性のものですし、信憑性も微妙なとこですし、触れる9割くらいは一度しか観なかったりするわけですが、残りの1割については「二度見たい」、いわゆる名文だったりするんですね。

この名文、入社式のあいさつよりも、実は大学の卒業式の方が示唆に富む内容が多かったりして、毎年楽しみにウォッチしておるわけです。
というわけで、今年は東京大学の卒業式から、割と昨今の時事ネタなんかも入れつつ最高に素晴らしいことを言っていたのでご紹介したい次第。

 

卒業生だけでなく、現役の学生にも、現役の社会人にも読んでほしい。

 

続きを読む

一連のDeNA騒動でかなしいと思ったこと

大学を5年前に卒業して、初めてかもしれないんだけど仕事やビジネスにおいて感情的に許せない(というか残念)という気持ちになったので、ずっと忘れないようにここに書いておく。

 

どうもおつかれさまです。

あつくるしい話をします。

 

「ねえ、MERYもうすぐ見れなくなっちゃうの?」っていうメッセとかがくるんですよ、なにこれ全然MERYの中の人じゃないのに普通につらい。

やっぱりキュレーションメディアの件。もうDeNAとかWelqとか、MERYとか書かなくてもいいくらい、いろんな領域・会社に対象のメディアは複数ある。知ってる。もう結構暴かれてるので、あえてここでやり玉にあげようとは思わないけど。

あとたぶんD社に限らず、再開はすると思ってる。記事削除でもないし、ドメイン削除でないし、Noindexですらなく、ページ内から記事を消してTOPページへリダイレクトしただけで「site:」でGoogleへのインデックス状況を確認してもそういえる。

Find travelもまだ100,000件くらいは残ってるみたい。(2016年12月6日現在)

例 site:http://find-travel.jp/

 

だから復活はすると思う。いろいろ思うところはあるけど、率直に思ってることを書く。

続きを読む

マーケターなら知っておきたい、メディア信頼動向とユーザーインサイトのいま

逃げるは恥だがカエリタイ。あとガッキー結婚してくれ、いや結婚しなくていいから仕事を代わってくれ。

 

おつかれさまです。高橋です。

 

マーケターたるもの、普段からやれSEOだのアドテクノロジーだのについて知見を深めるはいいものの、正直もっと鳥の目を意識して日頃から感性を磨くことが大事だよね、と思っております。

 

なんていうか、ユーザーの流行りだとか生活習慣とか、キーワードに関しても流行語だとかマーケットに受け入れられている思想とか価値観とか、そういったものを読む目を養うことは、施策担当としても戦略担当としても必要な体幹を鍛えるに通ずると思うわけでありやす。

普段からいろいろニュースや界隈の話題なんかには目を通しておるわけですが、気になったのがいくつかあるのでご紹介。

続きを読む