八重洲つけ麺の雄、「舎鈴」がやってくれた!つけ麺の麺を肉に変更できるオプションが登場

 

おつかれさまです。

 

なにこれ最高すぎません?

麺を肉に変更できる「つけめん」爆誕 もはや、“しゃぶしゃぶ”ではとの声も

 

つけ麺の舎鈴は、知る人ぞ知る六厘舎の系列店、いま各地で急激に店舗数を拡大しております。

東京駅には「東京ラーメンストリート」があり、その中に六厘舎が入っておりますが、そこから徒歩5-6分ほどの八重洲にも、舎鈴が御座います。

ラーメンストリートの六厘舎はひどい時だと90分待ちみたいな行列が出来てたりしますが、こっちはほぼ同じつけ麺が楽しめるのに全然並んでないのでとっても穴場です。(とはいえやっぱり六厘舎のが美味しいですが。)

深夜27時までやってるのが最高ですね、夜のおやつにもぴったり。

自分は職場が近いので今までは銀座のはしごさんに夜食を貪りに行っていたのですが、これをリプレイスしうる脅威になっております。

舎鈴_つけめん_エビ

海老油つきのつけ麺。うまし。

 

 

ちなみにはしごさんの担担麺も超絶最高です。

つけ麺食べたいけど糖質取りたくない、つけ麺食べたいけど炭水化物抜きたいみたいなときって、大体つけ麺のスープをそれなりに口にしたい時だし、そういえばそばとかうどんも大体めんつゆ飲んだらそれなりに満足するし、ラーメンも担々麺もそういえばスープ飲んだら大体満足できるし、もしかして最高なんじゃない?と思った次第です。

 

次第なんですが、

夜になると「売り切れ」てるのだけ、なんとかしてくれえええ。

夜食に食べたいねん・・・。

 

なんつって。

 

食べログの点数リセットとアルゴリズム変更について、事業目線で考えてみる

おつかれさまです。高橋です。

騒がれております、食べログ。カカクコムの株価ももろに打撃を受けたようで、大変ですね。

先日若干燃えていた遺伝子っぽい会社は多少救われた気持ちになったかも?

などはさておき、これについて言及してみたいと思います。

 

 

 ①起こった事の整理

ネットを見る限り

・食べログの点数が3.0点にリセットされる店舗が複数発生した

・予約機能を使うよう促された

・(食べログ内の)検索順位が下げられるような話を受けた

 

が、大体の事象ベースの概要であることがわかります。

 

続きを読む

@cosmeのアイスタイルさんが、サロン検索&予約プラットフォームを拡大

@cosmeで女性から厚い支持を得ているアイスタイルさん、ヘアサロン市場により踏み込んだアプローチとのこと。

 

第1弾として、楽天が運営する「楽天ビューティ」とオーエスが運営する「ビューティーパーク」と連携し、アイスタイルビューティソリューションズが運営するサロン情報サイト「ispot」掲載店も含め、全国1万8,048店のサロン情報を掲載している。提携メディアは今後も順次拡大していく考えだ。

 

提携店舗は18,000店、対して美容関連のネット予約分野においてトップ独走状態のホットペッパービューティー(リクルート)は50,000店とまだまだ開きがあるように思えます。

複数の在庫保有したサービスを束ねてプラットフォームな立ち位置っぽいですね、どっちかというと新規ビジネスを開始しましたというよりは在庫拡大のためのアライアンスな感じ。

続きを読む

iPhone7の発表から見えたAppleのいま。

出ましたね、AppleのiPhone7,そして7Plus。

いかがでしょう、リンゴがスイカでイヤホンがマリオ。

 

基本的にはSuica対応だったりイヤホンジャックがなくなったり防水強度の向上といったところがインパクトのあるアップデートな印象です。

機能やその所感についてはいろんなメディアがきれーにまとめておるので、そちらをご参考くださいまし。

リアルでもお世話になってたGori.meさんとか。っていうかサイトきれいだな・・・。

 

さて、個人的に気になるのはプロダクトの品質、というよりやっぱりApple社のマーケティングについてです。

 

続きを読む

Hello world! ながれごと.com

松江城

ながれごと.com へようこそ。

これは最初の投稿です。ブログを始めます。

 

ということでこんにちは。

どうもおつかれさまです。高橋です。

 

世の中、いろいろありますし起こりますし、それらについて思ったことを、興味関心に従ってしたためて参ります。

趣味は旅行やお酒、音楽など。仕事はマーケティングとか、サービス運営です。

まさに、勝手に思考が漏れ出て流れていくさま、日々ながれごとです。

 

Twitterもゆるゆるやっております。

https://twitter.com/Tklt_05

 

どうぞ、今後ともごひいきに。